単純承認・相続放棄・限定承認

 お兄様にお子さんがいない場合,お兄様の借金を含めた「相続財産」は,お兄様の妻のほか,あなたにも相続される可能性があります。あなたが相続人になるかどうかは,お兄様のご両親(あなたのご両親)が生きているのかどうかによって異なりますが,仮に,ご両親が既になくなっておられる場合には,あなたが相続人となってしまいます。また,その場合の相続分は,お兄様の妻が4分の3,あなたが4分の1となります。

 相続放棄とは,被相続人(お父様)の財産を資産・借金問わず一切相続しないこととする手続きですが,相続放棄と矛盾する行為(相続することを承認するかのような行為)を行うと,相続放棄が認められなくなります。

 死亡退職金を受け取れるのかどうかは,死亡退職金が相続財産に含まれるかどうかによって異なります。相続財産にあたれば,相続放棄により,相続できなくなるからです。

 

 そのとおりです。弟さんの妻と子供2人が相続放棄し,なおかつ,あなたのご両親や祖父母が既になくなっている場合,あなたが次の相続人になります。

 限定承認とは,被相続人に借金もあり,資産もあるため,最終的にプラス財産の方が多いかどうか不明な場合,相続財産の借金部分を資産の部分で清算し,なおかつプラス財産が残っている場合には,その部分のみ相続するという制度です。