我が家の結露対策

我が家の結露対策

私事ですが,昨年末,築6年のマンションから築30年の中古マンションに引っ越しました。

12年前にこの街に引っ越してきてからずっと目をつけていた中古マンションで,我が家の希望に合致する間取りが売りに出されたので,即決で買うことにしました。

マンションは管理を買えとよく言いますが,引っ越し先のマンションは,敷地内の植栽の管理・掃除が徹底されており,建物も築30年とは思えない美観を維持しており,管理の面でも今のところは問題ないようです。

 

ただ,寒い朝の窓の結露が酷いことが,入居当初の唯一の悩みでした。

結露防止と謳っている窓辺に置くヒーター(決して安くはない。)を購入して試したりしていましたが,劇的な効果はありませんでした。

私は,新しいマンションとは違って,窓ガラスが古いタイプのものなので(窓ガラスは共用部分となるため,区分所有者だけの判断で替えることができない。),毎日,窓ふきを頑張ろうと気持ちを切り替えることにしました。

 

そうしたところ,ある日,中古マンションを購入して住んでいる友人から,「24時間換気がないマンションは結露は諦めるしかないらしいよ。うちも結露するよ。」という話を聞きました。

24時間換気システムは,平成15年以降,導入が義務づけされている装置であり,我が家のマンションには付いていない装置です。

したがって,24時間換気のない我が家ではやはり結露問題は諦めるしかないのかな・・・と思っていたのですが,どうも「換気」がキーワードだということのようなので,ダメ元でキッチンの換気扇に注目してみることにしました。

実は,今回の中古マンションの購入にあたり,キッチンだけは奮発して私好みのものを入れることにし,換気扇も最新のものを導入していたのですが,その換気扇で「常時換気」というスイッチがあることを発見!

もしや,これは・・・?と思って,ダメ元で,料理をしないときにも,その「常時換気」にしておいたところ,結露問題は完全に解消。

どんなに寒い朝でも夜でも,家の中で鍋料理をしても,全く結露しなくなったのです!!

これには衝撃を受けました,換気がこんなに重要だとは!

「常時換気」は,換気扇はもちろん回っていますが,音がほとんどしない状態なので,生活をしていく上でも全く支障はありません(電気代はかかっていると思いますが・・・)。

もともと今回キッチンにお金をかけたのは,時間がない共働きにとっては,キッチンの使い勝手の良さが欠かせないと考えていたからだったのですが,換気扇も性能が良いものを入れていたおかげで全く予想もしない副次的な効果があって,本当に驚きましたし,よかったと思いました。

 

古いマンションで結露問題に悩んでおられる方,キッチンの換気扇の力を借りてみてはどうでしょうか,問題解消までいかなくてもかなりの部分改善されると思います。

換気扇の音がうるさい場合には,換気扇だけ最新のものに入れ替えてみてもいいかもしれません(換気扇だけ新しいものにすることは可能です。)。

「キッチンの常時換気=結露対策」にあまりに驚きましたので,誰かに伝えたくて,こちらに書かせてもらいました。

 

築30年ということで,この先,管理をどうしていくか,建替をするのかしないのか等の問題に直面していくと思われ,それはそれで不安もありますが,マンション管理についていろいろ勉強しながら,中古マンションライフを楽しみたいと思います。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

                                   (2017.3.4 弁護士久保田有子)