マンション問題

 かつて住まいと言えば一戸建てが中心でしたが,現在ではマンションが大きくその役割を担うようになりました。(以下続く。)

  マンションは,新築から10年や25年が経過すると,大規模な修繕を行います。通常,この大規模修繕に向けて25年や30年といったスパンで長期修繕計画を立て,この計画に基づいて修繕積立金を積み立てます。

  この修繕積立金を信託の方式で確保し運用するのが修繕積立金信託です。(→続く)