信託法

平成18年に信託法の大改正が行われたこと,同改正に先立つ信託業法の改正による信託業の担い手の拡大等に伴い,信託は,ますます使い勝手のよい制度となり,今後の日本でも大いに活用されていく制度だと思われます。(以下、続く) 

 自治体(兵庫県)が信託銀行に公有地を信託して,ゴルフ場を中心としたスポーツ施設の建設等の事業が展開されましたが,景気後退により事業が低迷し,多額の損失が出ました。このような場合に,自治体と信託銀行のどちらが損失を負担すべきかについて,最高裁判所は,自治体側が負担すべきと判断し,兵庫県が約78億円の支払義務を負うことになりました(平成23年11月18日付日本経済新聞朝刊より)。(続きはこちら

   あるアンケートでは14%の企業が過去5年間に暴力団などの反社会的勢力による不当要求を経験しています。

政府は20076月に「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を定め,金融庁は20083月に「信託会社等に関する総合的な監督指針」を改正して反社会的勢力による被害の防止について規定しました。(→続く

 

◆新商品「後見制度支援信託」の導入

続きはこちら

 

  マンションは,新築から10年や25年が経過すると,大規模な修繕を行います。通常,この大規模修繕に向けて25年や30年といったスパンで長期修繕計画を立て,この計画に基づいて修繕積立金を積み立てます。

  この修繕積立金を信託の方式で確保し運用するのが修繕積立金信託です。(→続く)

 

◆新商品「後見制度支援信託」とは具体的にどんな商品なのか?

 (続きはこちら