人事・労務問題

就業規則とは,企業が雇用する従業員の労働条件(始業・終業の時刻・休憩時間・休日・休暇・賃金・退職に関する事項等)その他就業に関する事項を定めたルールのことをいいます。
常時10人以上の従業員を使用する場合には,就業規則の作成義務があります(以下,続く・・・)。
 

 従業員の給与を差し押さえる旨の通知が複数届いた場合,会社はどのように対応したらよいでしょうか。

 そもそも,従業員の給与は,給与額の4分の1のみ差し押さえることができます(民事執行法152条1項)。

 ですから,1人の債権者からの差押命令が届いた場合には,会社は従業員の給与の4分の1は,その債権者に支払わなければなりません。